示談交渉の時効

交通事故の示談交渉には、思わぬ落とし穴もあります。そのひとつが、示談交渉の事項です。示談交渉には専門的な知識が必要であったり、書類も書かなくてはいけなかったりするため、とても手間がかかるものです。しかしいつまでも示談交渉の段階から手続きが進まず、裁判などの行動を起こさないままでただ時間だけが経っていくと、被害者が本来受け取れるはずだった補償が受け取れないという事態が生ずる可能性があります。

なぜならば交通事故の保証金を請求するのには、事故日から3年以内という時効が設定されているからです。裁判などを起こさずに交通事故の被害に対しての補償請求の時効が過ぎてしまえば、被害者はその請求権を失いますから、もう補償金を請求することはできなくなってしまいます。

また、これを懸念して裁判を起こした際にも弁護士費用などの裁判費用がかさんでしまいます。そのため、最終的により多くの利益を享受するためには、裁判にならないうちに示談を成立させてしまうのが一番だと言えます。そのため、交通事故の示談交渉を行う際には、適正な金額をしっかりとリサーチし、当事者同士でしっかりと話し合い、しかるべき補償を確実に受けられるようにしましょう。